PR|今どきの翻訳は低料金でネイティブチェックが当たり前|

英語学習をするとなると、国に関する違いなどは意識しておく必要はあります。

幼児から英語で育てられた私はほぼネイティブに近いくらいのレベルでして、最近のTOEICテスト(L&R)は880点であり、テストのフィードバックには難しい単語や言い回しがあっても話しての趣旨や概要を掴むことができるとも回答がありました。

しかし、TOEIC試験で測られなかった英語で難しい要素がありますそれは訛りと国独自の英語です。スタンダードな英語を理解できるようになってもいざ英語を話す人に会話をする時に理解が止まってしまうことがしばしばあります、それは英語が世界に広まってその国民に学ばれる際に国の文化と融合して新たな言語となるのです。

英国英語、米語、オーストラリア英語にインド英語など様々である。
いずれの国も他国の英語を聞けば最低でも同じ出身か異邦人かすぐにわかってしまいます。例えて言えば関東弁と関西弁の違いくらい差があるものです。

その国の英語を理解するには慣れが必要となると思います。仕事柄英国圏の国々の人と話すことがありますが冒頭にお話しましたが英語をある程度理解できる私は通訳をする際訛りと造語に苦しめられます。

 

まず造語はわからないので前後の文脈や想像力を働かせますが訛りに関してはどうすることもできません。聞き取れませんでしたといって言い直してもらう始末です。

どこも同じように見えて、全く異なるからです。
例えば、アメリカとイギリスに関する事柄はよく強調されます。
確かにどちらでも、同じ言語を話している事は間違いありません。使われている単語や文法なども、酷似しています。

ところがいざ耳で聞いてみますと、全く違う言葉に聞こえるケースも多々ある訳です。

長らくアメリカ英語に耳を慣らした方々が、ちょっとイギリス人の英語を聞いてみたら、ほとんど聞き取れないという事例もよくあります。

何もイギリスだけではありません。オセアニア諸国でも、英語は話されているでしょう。

もちろんオセアニアの英語を聞いた時にも、同様の事例が生じる事があります。

そういった問題を防ぐためには、普段から幅広い英語を聞くことが大切です。

どれか1つの発音アクセントだけに集中するのではなく、できるだけ多彩な英語を心がけると良いでしょう。

PR|GetMoney|オーディオ|健康マニアによる無病ライフ|童話|アフィリエイト相互リンク|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|貯蓄|お家の見直ししま専科|初値予想|家計見直しクラブ|生命保険の口コミ.COM|ショッピングカート|生命保険の選び方|心の童話|